導入に関するお問い合わせ・ご質問はこちら

大学受験システムは「受験コンパス」を!勉強を効率よく指導・クラウドで学習状況もしっかり管理~大学受験に挑戦する生徒が感じる「焦り」について~

ホーム学習塾の経営をサポートする「受験コンパス」のコラム >大学受験システムは「受験コンパス」を!勉強を効率よく指導・クラウドで学習状況もしっかり管理~大学受験に挑戦する生徒が感じる「焦り」について~

大学受験システムは受験を視覚化する新たなシステムを!受験コンパスで勉強の指導方法が変わる

大学受験システムは年々多様化しており、学習塾・予備校にも生徒一人ひとりの目標や学力に合わせた、的確な指導が求められています。

大学受験システムで受験を視覚化し、学習塾向けに開発した生徒管理アプリケーションが「受験コンパス」です。

生徒が志望する夢や目標に応じて、豊富なデータベースをもとに最適な学部や学科、受験校を選定。現在の学力や得意不得意から、志望校合格までの最短ルートを示した個別カリキュラムを簡単に作成できます。

大学受験システムで高1レベル~東大2次レベルまで個別対応!クラウドで日々の学習状況もしっかり管理

大学受験システムの受験コンパスは全入試科目、高1レベルから東大2次レベルまで幅広く対応しています。大学合格までの最短ルートを示す「年間計画表」は日々の予定にしっかり組み込まれ、「今どの勉強が必要なのか」が一目瞭然です。

さらに、クラウドで授業時間外の学習状況もリアルタイムに把握できるため、生徒一人ひとりの学習を合格まで徹底的にサポートすることができます。

大学受験に挑戦する生徒が感じる「焦り」について

本番まで残された時間が少なくなると、大学受験に挑戦する生徒は焦りと不安でいっぱいです。焦るあまり勉強に集中できなくなる生徒もいるでしょう。そうした焦りへの対処法をいくつかご紹介します。

努力を目に見える形で残す

勉強は目に見える形で成果が表れにくいものですが、努力を目に見える形にすることはできます。例えば、使い終わったノートや問題集を取っておいたり、日々の勉強時間・内容をメモしておけば、後で眺めたときに「自分はこれだけやってきたんだ」という自信になるでしょう。

勉強の優先順位を明確に

不安に駆られてあれもこれもと計画を詰め込んでしまうと、結局達成できず、余計な焦りを生むことになります。勉強の優先順位をはっきりさせて無理のない計画を立てれば、迷わず目の前の勉強に集中できるでしょう。

スランプ期は新しい問題集に手を出すよりも、基礎部分を見直すなど、今までに学んだ部分を確実に定着させると良いでしょう。

相対評価から絶対評価へ

校内テストや模試は他人と比べた「相対評価」が主ですが、普段の勉強は「絶対評価」にすると良いでしょう。模試であれば全国順位や偏差値よりも、成績推移に注目します。

他人と比べて焦るよりも、過去の自分と比べて成長していることを実感できれば、確かな自信に繋がります。

大学受験システムを導入するなら「受験コンパス」へ

販売

株式会社Lacicu(ラシク)

住所

〒101-0004
東京都文京区後楽2丁目3-11 エヌケービル3階

TEL

03-6801-8652

URL

コラム一覧